TOP  >  おだほし日記  >  nakanek  >  管理人のつぶやき  >  梅雨の晴れ間

nakanek さんの日記

 
2021
6月 21
(月)
07:09
梅雨の晴れ間
本文
水戸への帰り道。晴れ始めたのでちょっと寄り道。
雲の隙間から夏の大三角やカシオペアなどきれいな夏空でした。

nakanek
閲覧(3476)

コメント一覧

投稿ツリー


nakanek  投稿日時 2021/6/22 23:09
ご指導ありがとうございます。

画像をよく見ると確かに赤い色をしている様な気がします。
比較星としては先日教えていただいた星図で5.0, 5.6, 6.8等せいを用いています。
ここから2週間は、月の影響を受けるので夜中に出かけるのはしないと思いますので、次回は梅雨明けくらいにまたチャレンジしてみます。

段々洗脳されている(失言・・・)・・・まあ星景撮るついでで出来る対象であればそんな負荷でもないですが・・・

nakanek


k_kubotera  投稿日時 2021/6/22 11:00 | 最終変更
 あっ、やりましたね。私も、固定の一眼デジカメで撮りたいですが、まだ撮れていません。

 昨夜のCASV1405の観測が、北海道や新潟から上がっていました。北海道は、名寄市の佐野さんの観測で測光用フィルターを入れた観測です。引用させていただくと

CASV1405 20210621214929 7.010C San
CASV1405 20210621220544 8.144B San
CASV1405 20210621215823 7.609V San
CASV1405 20210621215408 6.424Rc San

です。nakanekさんの観測は、報告形式に直すと

CASV1405 20210620260900 6.648c

 佐野さんの観測の1番上の観測値に近いと思います。cとCの違いは多少あるかもしれません。(C:冷却CCDのノーフィルター  c:デジカメのノーフィルター)。

 1番の原因は、北海道の佐野さんの観測は、口径36センチメートルのシュミカセに冷却CCDで、なおかつ、視野が狭いので10等星の赤い星を比較星にしています。やや(かなり)無理な測光をしているようです。露出も3秒でシンチレーションの影響もあるかもしれません。何枚か撮影し、測定値の平均をするとその誤差は少なくなります。

 nakanekさんの画像は、薄雲がかかった中での測光ですから、赤い星を明るく見積もっている可能性もあります。

 おそらくnakanekさんの一眼デジカメの光度が、目で見た全波長域の明るさに近いと思います。
 BやVは、国際基準の青と緑波長のフィルターですから、新星が赤みを帯びてきているのは確かなようです。
 
nakanek  投稿日時 2021/6/22 7:15
V1405 Casの測光結果
20210621 02:09(JST) 

測定結果 6.648


メインメニュー

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

オンライン状況

38 人のユーザが現在オンラインです。 (38 人のユーザが おだほし日記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 38

もっと...

ねっとしょっぴんぐ